「動きの構築」と背中

藤沢市 湘南台 村田整骨院 鍼灸 マッサージ スポーツ テニス 背中 肩甲骨 股関節 筋肉 姿勢 コリ 整体 カイロプラクティック ケガ 骨盤

こんにちは。
藤沢市湘南台にある村田整骨院の鍼灸マッサージ師・やまざきです。
スポーツの秋、にはほど遠い雨続きの毎日ですが、今回はスポーツに関するお話です。

スポーツのパフォーマンスを上げる要素は、筋力・柔軟性・敏捷性・持久力など様々なものがあります。
更に空間感覚・動体視力・判断スピード・メンタルといったものも含め、高いパフォーマンスには身体能力以外にも複合的な能力が求められます。

今回は数ある要素の中から「動きを構築」する方法について考えてみたいと思います。
スポーツにおいて「動きの構築」とは、そのスポーツ特有の体の捌き方とも言えます。

「動きを構築」する2つの鍵

テニスを例えにあげてお話します。
プロやテニスコーチのフォームやフットワークは見ていて格好いいですよね。しかし、好きな選手の動きを真似してみても、明らかに彼らより格好悪くなってしまうのは何故でしょう。

例えば、錦織選手のエアKを真似しようとしたら、できる人とできない人がいます。
違いは何? 出来る人の条件は?

1つは頭の中に正しくイメージできていること。
もう1つはイメージ通りに自分の体を動かせていることです。

(ちなみに小学生や女性にも打てる方はいるので、身体能力の高さだけでは解決できないといえます)

言葉を換えると「イメージする能力」と「再現する能力」、この2つが「動きの構築」の鍵になります。どちらが欠けても上手くいきません。つまり、身体能力ではなく身体感覚が重要になるわけです。

藤沢市 湘南台 村田整骨院 鍼灸 マッサージ スポーツ テニス 背中 肩甲骨 股関節 筋肉 姿勢 コリ 整体 カイロプラクティック ケガ 骨盤

「イメージする能力」を高めるには

さて、「イメージする能力」では誰かのプレーを正しくイメージするために観察力が必要になるわけですが、ただ見ていても観察力は上がりません。ポイントを押さえて見ることが重要です。

人の動きで重要なポイントは、背骨・肩甲骨・股関節の3つです。
3つの内2つ、背骨と肩甲骨は体の正面から見た際に直接見えない部分になるので、横からや後ろからの観察も必要になります。観察の仕方を工夫することでイメージする能力を高めることができますし、慣れてくると一方向からの観察で見えていない部分の動きを予測することも可能になります。

「再現する能力」を高めるには

次に、「再現する能力」では頭に思い描いた通りに動けるかどうかが重要です。

そこで有効なのが、自分自身の動きを可視化すること。

よくダンスをしている人がガラスに写る場所で練習をしているのは、その効果を感覚的に知っているからではないでしょうか。
テニスにおいても同様です。動画で確認しながら、イメージ通りに動いているつもりの自分と、実際の動きとのギャップを埋めていくこと。そして自分の動き(特に背骨・肩甲骨・股関節)をより具体的にイメージすることが「再現する能力」の向上に繋がります。

あなたの背中はイメージ通りに動いていますか?

藤沢市 湘南台 村田整骨院 鍼灸 マッサージ スポーツ テニス 背中 肩甲骨 股関節 筋肉 姿勢 コリ 整体 カイロプラクティック ケガ 骨盤

もし「イメージ通りに体が動かせない」という場合、筋肉の硬さや姿勢の悪さが影響していることもあります。

村田整骨院には、筋肉のコリや体の歪みを整える「整体」や「カイロプラクティック」などのコースがあります。

体を整えることはスポーツのパフォーマンスの向上だけではなく、ケガの予防にもつながります。
「姿勢を良くしたい」「骨盤の歪みが気になる……」という方も、お気軽にご相談ください。

広告