アレルギー治療事始め

院長の村田です。 私がアレルギー治療を始めたいと思った理由です。

アレルギー歴は長いんです。 まだ社会人だったころからずーっと続いていました。

社会人4年生ごろだったと思います。 その当時は、職場では喫煙者が9割5分ぐらいでした。(男性のみの割合です。女性も大勢働いていましたが喫煙者はほぼほぼいませんでした)

朝起きたら唇がかゆいのです。 一寸掻いたら大変です。顔がみるみる腫れてきて、ムーンフエイスに!

でもこの時は薬疹だったのです。首のデキモノを切開してもらって、化膿止めを飲んでからです。(薬の名前は、セ(か、ス)ファロポリン、アミノベンジルでした。(いまそんな薬があるかはわかりません)。

その後はタバコの副流煙とストレスが重なると必ず、顔がはれぼったくなったりしていました。

治療は神戸大学病院で、内服薬、いったんよくなったのですが再発。

大阪警察病院で喉ちんこに注射により、もあまり改善せず。東京厚生年金病院で内服薬。

といろいろ通ってみましたが・・・・

でこの仕事をやり始めてから、クリニックで内服薬。 かなり長く服用していました。

落ち着いてきたので、DRと相談して内服を取りやめました。

あれ?治った?とおもったのですが・・・・

今回はここまでです。また続きます。

広告